潰瘍性大腸炎と私

H20に潰瘍性大腸炎発症、初回発作から何度か軽く再燃しながらも無事に2度の妊娠出産を乗り越えました。UCの基本的知識から管理人の病気の歴史など

潰瘍性大腸炎と癌化のリスク

潰瘍性大腸炎患者は一般の人より大腸がんになるリスクが高いです

医学的には別の病気になりますが、大腸がんも大腸粘膜に潰瘍ができます

症状は分かりづらく気付いた時には末期のケースも

 

http://3.bp.blogspot.com/-l7DNx_R5pY0/VXOUZ0eBUaI/AAAAAAAAuKg/D85g1wnlbqg/s400/saibou_gan_cancer.png

炎症部位によるリスクの違い

全大腸炎型:6.3% / 左側大腸炎型:1.0% / 直腸のみ炎症の直腸炎型:リスクはほぼなし

炎症範囲が広いほど大腸がんリスクは高くなります

 発生率は罹患年月とともに増加

<タイプ別> 「全大腸炎型」で発症から7~8年、「左側大腸炎型」で20年経過したころから急激に発がん率が上がり要注意となります

潰瘍性大腸炎を発症してからの罹患年月によっても大腸がんの発生率は異なります

 

<累積癌化率(年別)>

 10年:0~5% / 20年:8~23% / 30年:30~40%(一般の発生率:0.3%)

一般の発生率0.3%と比較すると相当高い比率でがん化しています。

寛解期でも毎年の大腸内視鏡検査は必要

見た目、大腸炎の所見と紛らわしいこともあって早期発見がなかなか難しい大腸がんです、予防と管理の為少なくとも2年に一度の定期的な大腸内視鏡は必須です

痛みが強かったり下剤の飲みにくさもあり検査は苦痛ですが

癌化リスクを考えると毎年受けておくほうが良いでしょう

最後に

ペンタサやアサコール(メサラジン)5-ASA製薬の継続投与が潰瘍性大腸炎の炎症を抑えコントロールするとともに、大腸がん発生のリスクを減少させることが確認されています

自己判断で飲むのを止めたり、飲み忘れの無い様に気を付けましょう